車売却に必要な書類

車買取を依頼し売却するには当然必要な書類が存在します。必要書類は事前にそろえておくことで、スムーズに事が進みますのでチェックしておきましょう。

 

大きく分けてシーンは二つ、「査定」の時と「契約」の時です。まずは査定の時に必要な書類は車検証と自賠責保険証明書。

 

この二点は決して珍しいものではなく、車の運転自体なくてはならないものなので、査定士にすんなり渡せるように準備しておきましょう。

 

査定士も人間ですので、印象が悪くならないように心がけておくことも大切なことです。

 

次に買取の時に必要なものは車検証、自賠責保険証明書、実印、印鑑登録証明書、運転免許、自動車納税証明書の6点です。

 

印鑑登録証明書に関しては市町村役場で取得することができますので問い合わせてみましょう。また、場合によっては追加で必要な書類もあります。

 

結婚などの理由で氏名が変わっている場合は戸籍謄本、引越しなどにより住所が変わっている場合は住民票が必要になります。両方とも市町村役場で取得することができます。

 

買取業者との間で契約を交わすのに余計な時間がかかったりすると、査定額が変動したりしかねません。査定後に時間があいてしまったりすると、再査定という事態に発展するケースもあります。

 

市町村役場に行かなくてはならない場合もありますし、事前に揃えておくだけそういったリスクも避けられますので、しっかり確認しておきましょう。