車査定の流れ

自分の愛車を少しでも高く買取ってもらうためには、査定の流れを把握しておくことが大事です。車の買取ですから当然“査定”という行程が発生しますが、この査定で買取価格が決まるわけですから、ここが勝負となります。

 

査定は中古車販売店や車買取専門店などの査定士が行ってくれますが、最近ではインターネットを利用した一括査定サービスが一般的になっています。インターネットから自分の車の情報を入力すると、買取業者がその情報をもとに、買取価格を提示してくるという流れです。

 

買取業者は仮の査定の金額を提示してきますので、その中から本査定をお願いしたい業者にコンタクトをとります。数日、あるいは数時間後に査定士がやってきて出張査定をしてくれます。

 

ここで買取価格が決まります。査定により買取価格が決まったら引渡しまで大切に乗って下さい。査定した後に万が一事故を起こしたり、あるいはちょっと擦ったりするだけでも評価は下がります。

 

買取価格に納得できたら売却契約となります。ここで必要書類の提示ととも契約書を作成します。契約が完了したら車の引渡しとなります。必要書類が揃い、車の引渡しが完了すれば、入金になります。振込みによる入金が基本ですので、入金が確認できるまでは気を抜かないようにしましょう。

 

まとめると、「ネットで車情報を入力」→「買取業者から連絡」→「出張査定を依頼」→「査定」→「契約」→「引渡し」→「入金」と言う流れになります。