車査定前にやってはいけないこと

一般の人であれば、車の売却は人生のうちで何度もあることではありません。

 

したがって売却については殆どが初心者であることが多いわけですので、事前の準備などはしっかりと行っておきたいところです。

 

車買取を業者にお願いすると、査定士が査定を行うわけですが、実質これが愛車の値段を決める大事な工程になります。

 

査定前にやっておきたいこと、準備しておきたいことなどはチェックするのですが、逆にやってはいけないこともあります。

 

まず、多いのは車検を通しておいた方が良いのではないか?という発想です。当然といえば当然なのですが、実は車検を通していても大した上積みにならないのが相場なのです。

 

高くても5万円程度という話を良く聞きます。普通車であっても車検には10万以上の金額がかかることもありますので、逆に高くついてしまうことになります。車検は通さない方が良いでしょう。

 

掃除や洗車などで車を綺麗にすることは非常に大事ですが、キズやヘコミなどはどうでしょう?結論から言うと業者に修理を依頼してまで対処することはありません。

 

こちらも車検同様、逆に高くついてしまうことが多いです。キズやヘコミは無い方がもちろん良いのですが、お金をかけてまですることはありません。それでしたら、必要書類の確認や車内の清掃やパーツのチェックに時間をかけましょう。

 

また、走行距離を誤魔化そうとメーターを交換しようとする人が稀にいます。査定士はプロですので誤魔化しは通用しません。お金をかけた上に印象まで悪くなりますので絶対にやめておきましょう。