査定前にやっておくこと

車買取の際は、査定士の評価が売却額を決定付けるわけですのが、その査定士に少しでも評価してもらうためにはどのようなことをしたらいいのでしょうか?

 

査定士も人間です。印象がモノをいう場合がありますので、悪いイメージは少しでも払拭しておくことが大事です。

 

まずは必要書類の整理です。査定士が必要としている書類を出すのに手間取ると、それだけでイメージが悪くなりますので直ぐに出せるように事前に確認しておきましょう。

 

査定の時に最低限必要な書類は車検証と自賠責保険証明書の二点。

 

但し、買取全てを終えるのに必要な書類はこの他に実印、印鑑登録証明書、運転免許、自動車納税証明書が必要になりますので、売却を検討しているなら、こちらも準備しておいたほうがいいでしょう。また、整備記録簿もあった方が良いので、これも必要書類とともに準備しておきましょう。

 

当然、洗車や車内の掃除は必須です。これはエチケットとして当然のことだと思ったほうがいいですね。パーツを交換している場合は、無理に純正品に交換し直す必要はないですが、純正品の準備はしておきましょう。

 

但し、オプション品はプラス査定になることが多いのですがあまり過度な取り付けは嫌がられることがあります。基準としては車検が通らないような社外品はマイナス査定になると思った方が良いでしょう。その場合は純正品に戻すことをオススメします。

 

キズやヘコミがある場合、自分で確実に修復できること以外は手をつけないほうが良いでしょう。業者に依頼して修理しても、かえって高くついてしまうケースのが多いです。

 

また、事故や故障などの事実は隠しても査定士は確実に見抜きます。事前に申告するようにしましょう。