車買取と下取りが違う点は?

そろそろ車の買い替え時となった時、今乗っている自分の車はどうなるんだろうと考える人は意外にも少ないようです。

 

新車を買うにしろ、中古車を買うにしろ、現在の車を下取りに出せば少しは資金になるだろうという意識が大半です。下取りという手段を用いて車を買い替える方が非常に多いですが、実は買取という方法もあります。

 

「下取り」と「買取」を混同して捉えている方が多いですが、実は似て非なるもの。

 

まず、下取りとは車を買い替える時に新しい車を購入することを条件に今の車を買い取ってもらうことです。この場合、車が故障していようが破損していようが、使い物にならなくても成立します。

 

使い物にならない車であっても、新しい車を買ってもらえるわけですから、適当な値段で買い取って処分してもらえるというサービスになります。つまり、売った古い車は次のオーナーが決まる必要はないわけです。従って当然ながら破損している車などは金額は非常に安くなります。

 

対して買取となるとまったく話が異なります。買取は少しでも良い状態の車をどれほど高く売れるかという話になります。買い替えの前提ではなく、今の車を誰かに買って乗ってもらうことを目的とします。

 

下取りと買取ではその目的がまったく異なっていることになります。ところが、まだまだ充分乗れる車を下取りに出して車を買い替えているオーナーがたくさんいます。

 

それは下取り、買取事情がわかりにくいということもありますし、業者に任せてしまえばスムーズに車が買い替えられるので手間もかかりません。

 

その下取りの値段は業者によってかなりの差があります。車の値段にはその車の状態などもありますので、相場というものはありません。しかし、相場がないからこそ、少しでも自分の車の価値を見極める努力をしたほうが良いのです。

 

そこで便利なサービスが無料一括査定です。インターネットで複数買取業者の査定を受けることが出来ます。